NEWS&MEDIA

news&media

注文住宅とはどんな家なのか?

Pocket

注文住宅と建売住宅という言葉は知っていても、それぞれの具体的な違いについてよくわからないという人はたくさんいます。

注文住宅は自由度が高いことが広く知られていますが、実はメリットだけでなくデメリットもあるのです。

注文住宅に関する知識を身につけて、家族が理想とする住まいを手に入れましょう。

注文住宅にも種類がある?意外と知らないその内容とは

ひと口に注文住宅といっても、種類があることは意外と知られていません。

注文住宅は、「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」の2つの種類に分類できます。

まず、フルオーダー住宅は、使用する木材や断熱材、窓の種類といった仕様から、

新築に関わるすべての項目について、依頼者が指定して計画する住宅のことをいいます。

この場合、自由度は高い反面、かなりの建築知識が必要です。

加えて、フルオーダー住宅の場合は、圧倒的に手間がかかります。

しかし、完全に自分好みの、世界にひとつだけの住宅になるという点は最大のメリットといえます。

また、フルオーダー住宅は完成までにある程度の時間を要するため、

資金も時間も豊富にある、最高品質を求める人向けの建築方法といえるでしょう。

一方、セミオーダー住宅は基本的な仕様があらかじめ決まっています。

すべてを依頼者が決定するフルオーダー住宅に対し、セミオーダー住宅は風呂や洗面台、

トイレ、キッチンなどの住宅設備の色、外壁の色などを依頼者が決めるものとなります。

もちろん、セミオーダー住宅であっても間取りは依頼者が決めることができ、

必要に応じて設備のグレードアップ・グレードダウンは可能です。

フルオーダー住宅はかなりの建築知識と豊富な資金が必要であることから、

注文住宅ではセミオーダー住宅を選択する人が圧倒的に多いといわれています。

注文住宅は自由度の高さが決め手!

注文住宅の最大のメリットは、自由度が高い点にあります。

建売住宅はすでに完成してしまっているため、家族の好みを住宅に反映することは難しいでしょう。

一方、注文住宅は希望を形にすることができるため、

間取りや外観、仕様といったすべての事柄において自由度が高いといえるでしょう。

部屋の間取りや広さ、キッチンの設備、高い耐震性など、住宅を新築するときにはたくさんの希望があるものです。

これらの希望に関しては、よほどの無茶をいわなければ予算が許す限り実現可能といえます。

また、注文住宅ではそのほとんどを依頼者自身で決めるため、まったく同じ家ができるということはまずありません。

そのため、オンリーワンの住宅になるというメリットもあります。

間取りや外観、仕様を自分や家族の好みに仕上げた家は、まさしく自分たちだけの住宅といえるでしょう。

和歌山県で建築を創るなら髙城浩之建築研究所にご相談下さい。


事務所名:髙城浩之建築研究所

住所:〒641-0054 和歌山県和歌山市塩屋6丁目3-25

TEL:073-445-6340 
FAX:073-445-6396

定休日:日曜、祝日、第2.4土曜 ※打ち合わせはいつでも可

《 業務内容 》
建築:企画・設計及び工事監理業務、店舗:企画・設計及び工事監理業務、住宅・店舗デザイン(企画・設計)及び、工事監理業務、グラフィックデザイン(ロゴ・販促ツール)