NEWS&MEDIA

news&media

デザイナーズ住宅のメリットとデメリットは?

Pocket

デザイナーズ住宅とはどんな住宅?

デザイナーズ住宅とは、デザイン性の高い住宅のことを指します。

自分たちの理想とするライフスタイルやインテリア、空間をデザイナーと一緒につくりあげていきます。

おしゃれだけでなく、都心部などの狭小地や変形地にあわせてつくるのもデザイナー住宅のひとつです。

リゾート気分を味わえるデザインや高級感あふれるインテリアなど、ど

こにもない自分だけのマイホームができることが特徴です。

デザイナーズ住宅のメリットとデメリットは?

憧れのデザイナーズ住宅ですが、もちろんメリットやデメリットもあります。詳しく見ていきましょう。

◆デザイナーズ住宅のメリット◆

さまざまな土地に対応できる

デザイナーズ住宅のメリットは、狭小地や変形地など一見建てにくいような土地にも建てることができ、

その変形部分などを生かしたデザインにすることができます。

自分だけのこだわりの家にできる

デザイナーズ住宅は、間取りはもちろん、内装や設備、建築資材などもすべて自分の希望に合わせてそろえられます。

ほかにはない「自分たちだけの家」を建てたいと思う方にとっては、デザイナーズ住宅はメリットが大きいと言えます。

ローコストにおさえることもできる

デザイナーズ住宅と聞くと、すごくお金がかかりそうなイメージをお持ちではありませんか?

当然、内装や設備などをすべて高級なものでそろえると高額になってしまいます。

しかし、設計士や建築家と相談をして、予算が削れるところなどを提案してもらうことで、

不要な部分にまでお金をかけなくて済みます。

予算内でおさめるためにも、予算額はしっかりと伝えておきましょう。

◆デザイナーズ住宅のデメリット◆

打ち合わせや完成に時間を要する

デザイナーズ住宅は間取りだけでなく、住宅設備や照明など何から何まですべて打ち合わせをして決めていきます。

決めるためにショールームなどに何度も足を運んだりするといった時間や手間を要します。

忙しい人や、そのようなステップが面倒という方には向かないでしょう。

デザイナーの主張が強いことも

デザイナーズ住宅は、自分たちの希望をもとにデザイナーが家づくりを進めてくれるものですが、

なかにはデザイナーのこだわりが強すぎて要望を聞いてもらえないケースもあるかもしれません。

デザイナーからのアドバイスは貴重なものですが、あまりにも主張が強すぎるのもストレスになります。

プロとして提案してくれながらも要望をしっかり聞いてくれるデザイナーと家づくりがしたいものです。

暮らしやすさにかけてしまう恐れも

デザインや見た目のおしゃれさにこだわりすぎて、実用性に欠けてしまう恐れがあります。

家は眺めるものではなく、毎日暮らしていくものですから、住み心地のことも忘れずに考えることが大切です。

和歌山県で建築を創るなら髙城浩之建築研究所にご相談下さい。


事務所名:髙城浩之建築研究所

住所:〒641-0054 和歌山県和歌山市塩屋6丁目3-25

TEL:073-445-6340 
FAX:073-445-6396

定休日:日曜、祝日、第2.4土曜 ※打ち合わせはいつでも可

《 業務内容 》
建築:企画・設計及び工事監理業務、店舗:企画・設計及び工事監理業務、住宅・店舗デザイン(企画・設計)及び、工事監理業務、グラフィックデザイン(ロゴ・販促ツール)