NEWS&MEDIA

news&media

店舗の外観で集客が決まる??

Pocket

店舗デザインというと内装のイメージが強いかもしれませんが
どんなに素敵な内装でもお客さんが入ってこなければ意味がありませんよね。
お店の外観・外装はお店の顔であり、集客の有無を左右する非常に重要なパートです。

通りすがりの人が「何となく」お店に入るほとんどの理由は外観・外装がきっかけです。
このようにお店の外観や外装は少し工夫すれば入店率に変化が期待できるかもしれません
ぜひ参考にして見てください!

▶︎外観で伝えるべきメッセージとは

店舗デザインをする際に外観・外装のデザインはとても重要です。
上述した通り、店舗の外観・外装デザインでお客さんが入るか否かを決めるためです。
そして、お客さんに入ってもらうためには店舗の外観・外装デザインからメッセージを伝える必要があります。
例えば、外観を見ても飲食店かヘアサロンか、または雑貨屋かわからないお店では、
お客さんも不安で入りにくいですよね。
何を売っているのかをファザードで掴んでもらえるような外観のデザインはとても大切です。

・どんな業態のお店なのか

そもそも自分の店舗が外から眺めても
雑貨屋なのか飲食店なのか
どのようなお店なのか検討も着かないという状態では、
お客さんも入りにくいですよね。
具体的にどのような商品を売っているお店なのかは
実際に入店しなければわからないこともあると思いますが、
ある程度のイメージを持ってもらうことは必要です。
そのためにも、外観・外装デザインからどのような業態なお店なのかイメージが沸くことが大事です。
客観的に自分の店舗を見つめると、改善の余地が見つかるかもしれません。

・ターゲットとお店のコンセプトが表現されているか

自分の店舗が誰のためにあるのか、そしてどんなコンセプトをもった店舗なのか
ということも外観からお客様に伝えるとても大切なメッセージです。
どのような人に向けて、どのようなお店なのかをデザインを通して伝えられる外観にしましょう。
飲食店であれば、和風なのか洋風なのか、ファストフードか高級料亭なのかなど、
外観で理解できるとお客さんも安心ですよね。
また、どのような年齢層の人なのか、どんな趣味趣向を持った人なのかなども考えてみましょう。
ターゲットを明確にすればする程、メッセージも伝えやすくなりますよ。

とても多くの情熱とエネルギーを要する作業です。
私たちはクライアントとのコミュニケーションを大切にし、
求められる要望を想像以上の空間へと創り上げていきたいと考えています。

和歌山県で建築を創るなら髙城浩之建築研究所にご相談下さい。


事務所名:髙城浩之建築研究所

住所:〒641-0054 和歌山県和歌山市塩屋6丁目3-25

TEL:073-445-6340 
FAX:073-445-6396

定休日:日曜、祝日、第2.4土曜 ※打ち合わせはいつでも可

《 業務内容 》
建築:企画・設計及び工事監理業務、店舗:企画・設計及び工事監理業務、住宅・店舗デザイン(企画・設計)及び、工事監理業務、グラフィックデザイン(ロゴ・販促ツール)