NEWS&MEDIA

news&media

おしゃれな間取りのアイデア・考え方をご紹介!③

Pocket

景色と一体になるおしゃれな間取り

景色との一体感を演出できるおしゃれな間取りの例として、以下のようなものがあります。

◆中庭がある間取り

中庭とは、建物に囲まれるような形で作られた庭のことです。

中庭のある間取りにすることで、住宅内にプライバシーが守られた屋外スペースを置くことができます。

さらに、中庭のある場所から風や日光を取り込むことができるため、

室内を明るくて風通しが良い状態にすることが可能です。

ただ、中庭には排水溝などの排水設備を用意していないと、

大雨などのときに中庭がプールのようになってしまうため注意してください。

◆高窓がある間取り

高窓とは、住宅内の高い位置に設置した窓のことを指します。

通常の窓に加えて、高窓も設置することで、

光が差し込む場所が増えて明るくて開放感のある部屋にすることができます。

ただ、高窓は高い位置にあって掃除するのが大変なため、

「どのような方法で掃除するか」まで考慮したうえで取り付けるかどうかを検討しましょう。

間取りと組み合わせて、おしゃれに見せるインテリアの秘訣

間取りと組み合わせることでおしゃれな印象を与えられるインテリアの秘訣として、以下のような方法があります。

◆間接照明を採り入れる

間接照明とは、照明器具などからの光を壁や天井などに反射し、その反射光で室内を照らす方法のことを言います。

間接照明を採り入れることで、室内を落ち着いた印象にすることができます。

リビングなどのゆったりと過ごす部屋であれば、間接照明を採り入れてみてもいいのではないでしょうか。

◆絵画や小物などを置いて室内を演出

家族が気に入っている絵画を飾ったり、好きな小物を並べて飾ったりすることでも、

室内の印象を好きなように演出することが可能です。

リフォームのようにたくさんのお金が必要になるわけではありませんし、

さまざまな小物やインテリアなどを置いて試してみるのもおもしろいでしょう。

まとめ

おしゃれな家の間取りにする場合、まずは床・壁・天井を似た色に合わせ、統一感を演出しましょう。

そうすることで、室内が落ち着いた印象になり、おしゃれを演出しやすい状態になります。

また、リビングなどの家族で過ごす空間の使いやすさを残しつつ、

家族の要望やこだわりに合わせた間取りを採り入れることで、毎日楽しく生活できるおしゃれな間取りが作れます。

おしゃれな家に興味をお持ちであれば、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしつつ、

おしゃれで快適に過ごしやすい家づくりを計画してみてください。

和歌山県で建築を創るなら髙城浩之建築研究所にご相談下さい。


事務所名:髙城浩之建築研究所

住所:〒641-0054 和歌山県和歌山市塩屋6丁目3-25

TEL:073-445-6340 
FAX:073-445-6396

定休日:日曜、祝日、第2.4土曜 ※打ち合わせはいつでも可

《 業務内容 》
建築:企画・設計及び工事監理業務、店舗:企画・設計及び工事監理業務、住宅・店舗デザイン(企画・設計)及び、工事監理業務、グラフィックデザイン(ロゴ・販促ツール)