NEWS&MEDIA

news&media

土地選びのコツと注意点!賢く見つけよう!

Pocket

◆焦って先に土地を買うのはNG

家づくりで何よりやっていけないのは、家のプランや予算を建てるより前に土地を買ってしまうことです。

というのは、限られた予算の中、余地優先で話を進めてしまうと、

希望していた家の仕様を諦めなくてはならなくなる可能性が高いからです。

そうならないためにも、土地を買う前に家づくりについてしっかりと勉強し、

かけられる予算や住みたい家のイメージをできるだけ明確にしておくことが大切と言えます。

◆土地代に予算をかけすぎない

家づくりにおいて最も最切なのが、先に上げた「予算」の問題です。家づくりの予算には限りがありますが、

言うまでもなく、家を建てる上でかかるのは、“土地代”だけではありません。

建築費はもちろん、諸経費、インテリア費など想像以上にさまざまな費用が発生します。

これらを含めた資金計画を立てずに土地にお金をかけすぎてしまうと、賢い家づくりはできません。

予算がオーバーすると、どうなるでしょうか。

おのずと建築費が削られ、建物のつくりや設備であきらめなければならない部分があります。

長年夢に見たマイホームには家族それぞれが抱いている夢があるでしょう。

でも高い土地を買ってしまった後では、叶わぬ夢になる場合があります。

◆周辺環境にとらわれすぎない

土地探しの失敗で、家のプランに入ってから、

実は思い描いていた暮らしができない土地であることに気づくということがあります。

 土地を買うとなると、つい周辺環境や立地条件ばかりを気にして探しがちです。

もちろん、「最寄り駅が勤務先の沿線」「駅から近い」「商店街が近い」などの立地条件は魅力的ですし、

家に求めるものは人それぞれなので、それを第一に考えて土地を選ぶ人もいるでしょう。

いわゆる変形地や狭小地を選んだとしても、工夫次第でデメリットを克服できるケースもあるため、

理想の家を建てられないという訳ではありません。

ただ、実際に生活をするのは土地の中ではなく、“家の中”であることも忘れてはいけません。

変形地や狭小地を選んだことが、利便性ばかりに気を取られていた結果であれば、

理想の住まいとはほど遠くなる可能性があるのです。

家をつくることは“家族の関係をつくること”でもあります。

「生活の中で家族が自然に顔を合わせてコミュニケーションをとれるようにしたい」との希望を受けて、

子ども部屋をリビングに隣接させたり、2階にいても1階の家族の気配を感じられるよう吹き抜けを設けたり。

オリジナルの発想で自分たちにぴったりの家をつくれるのは、注文住宅だからこそ。

せっかく自由に作るのであれば、どんな住まいにしたいのかを見つめて、それが実現できる土地を選ぶようにしましょう。

和歌山県で建築を創るなら髙城浩之建築研究所にご相談下さい。


事務所名:髙城浩之建築研究所

住所:〒641-0054 和歌山県和歌山市塩屋6丁目3-25

TEL:073-445-6340 
FAX:073-445-6396

定休日:日曜、祝日、第2.4土曜 ※打ち合わせはいつでも可

《 業務内容 》
建築:企画・設計及び工事監理業務、店舗:企画・設計及び工事監理業務、住宅・店舗デザイン(企画・設計)及び、工事監理業務、グラフィックデザイン(ロゴ・販促ツール)