NEWS&MEDIA

news&media

店舗改装・リフォームの注意点とは?

Pocket

店舗の改装をする前に、予算、そしてリフォームの目的を明確にしておきましょう。

改装時には、以下の5つのポイントに注意してください。

多額の費用がかかる

店舗改装における設備投資では、多額の費用がかかります。

改装後の売り上げ増加分でそのコストを回収できるか、ことに中小企業の場合は、適切な予算を検討する必要があります。

また工事の規模にもよりますが、改装中にはたいていの場合、営業を休止する期間が発生します。

その間は当然収入を得ることができないので、この分も計上しておかなくてはいけません。

ローンを組めない場合が多い

また費用が多くかかるにも関わらず、ほとんどの店舗改装工事はローンを組むことができません。

原則として現金払いです。

なおリフォームの見積り内容によっては、金融機関から融資を受けられます。

融資が決済されると、リフォーム業者の口座へ振り込むのが一般的です。

料金は、着工前・工事中・工事完了後に3分割で支払うパターンが最も多く、

着工前・施工後の2回に分けて支払うケースもあります。

厨房の機器などはリースがあるので、万一予算が足りなければ

リフォーム業者に仲介を依頼すると手続きしてもらえることが多いため、相談してみると良いでしょう。

予算を必ず提示しておく

改装工事をする際、理想を追求すればするほど、

工事内容や設備が高額になっていき、想像以上の料金になってしまう例が多いです。

よほど作業内容に見合わない金額で交渉したり、悪徳業者に依頼したりさえしなければ、

予算内でリフォームを行ってくれる施工会社がほとんどです。

リフォーム業者も同じ商売人の立場ですから、お金の問題はきちんと理解してくれるはずです。

着工前に、必ず希望の予算を提示して、信頼関係を築いておきましょう。

店舗イメージは外装や廊下の汚れなどがポイント

顧客の方の視線は、主に外装や廊下などの汚れに目が行く傾向があります。

店舗の状況にもよりますが、店舗イメージを向上させるのは、新しい施設・設備かどうかよりも清潔感と言えます。

店舗改装をする上で、単に見た目を重視するのではなく、清掃・メンテナンスのしやすさを考慮しておくことも不可欠です。

また、照明は店舗や店内のイメージ・印象を明るく見せてくれます。

予算に余裕があれば、照明があるとより良くなる箇所を検討してみるのがおすすめです。

見やすい明かりは、お掃除の際にも役立ちますね。

和歌山県で建築を創るなら髙城浩之建築研究所にご相談下さい。


事務所名:髙城浩之建築研究所

住所:〒641-0054 和歌山県和歌山市塩屋6丁目3-25

TEL:073-445-6340 
FAX:073-445-6396

定休日:日曜、祝日、第2.4土曜 ※打ち合わせはいつでも可

《 業務内容 》
建築:企画・設計及び工事監理業務、店舗:企画・設計及び工事監理業務、住宅・店舗デザイン(企画・設計)及び、工事監理業務、グラフィックデザイン(ロゴ・販促ツール)