NEWS&MEDIA

news&media

デザイナーズ一戸建てのメリット

Pocket

不動産を取り扱うサイトや、賃貸物件サイトでもよく目にするようになった「デザイナーズ」というキーワード。

大まかな特徴としては、やはり「独自のデザイン性」が挙げられます。

例えば、吹き抜けや螺旋階段、バスルームと洗面台のあるエリア(脱衣所)の仕切りが

透明アクリル板―いわゆる「ホテルライク」な作りであることも多く見受けられます。

また、外観で言えばコンクリートの打ちっぱなしで、シンプルさと美観とのバランスが美しいものも数多くあります。

「とにかく自分のイメージ通りの家を作りたい」

「他の家とは一線を画した家を持ちたい」

「資産価値のある家が欲しい」―ご希望の基礎となる部分は異なっても、

大まかに言えば「どこにでもある普通の一戸建ては嫌だ」という

お施主さまのご希望に沿うのがデザイナーズ一戸建てであると言えます。

デザイナーズ一戸建てのメリット

【メリット1】狭小地など、特徴のある土地への対応力が高い

一般の工務店やハウスメーカーの家は、ある程度規格が存在し、

そのアレンジで家を建てることが通常なのは知られています。

そのため、狭小地のように土地自体がクセを持っている場合に、対応力に欠けます。

その点、デザイナー(建築家)が一棟一棟設計を行うデザイナーズ一戸建ては、

このようなクセを持つ土地に強いことは大きなメリットと言えます。

狭い土地にいかに希望する機能を持たせた家を建てるか、という工夫を見せてくれるのです。

【メリット2】とにかくオリジナルな家が欲しいという方に

家の造り(設計)だけでなく、建築資材や設備に至るまで全て希望のテイストで揃えてもらうことが可能です。

輸入物を含め日本国内で手に入るものすべてが対象となりますから、

建築資材の組み合わせは無限大といっても過言ではありません。

「この中から選んでください」という狭い選択肢しかない、これではさみしいといった場合には、

是非デザイナーズ一戸建ても検討してみてください。

【メリット3】意外とコスト面でもメリットが

予算に対しての相談にも乗ってもらえます。

これは意外に思われますが、使用する資材(設備を含む)で削ることのできるコストは思ったよりも多いものです。

「こういったテイストで建てて欲しいのですが予算が…」

「ではこの壁材とシステムバスに似たものがありますが、こちらですと●万円ほど減額できますよ」

という代替案を出します。

これも、規格として定められていないからこそできるワザです。

家を建てる側の希望するテイストを把握した上で、それを実現するための道をひとつひとつ探ってくれるのです。

【メリット4】設計だけでなく、監理もしてくれる

設計通りに施工が進んでいるのかどうかのチェック作業を「監理」と呼びます。

建築家は、お施主さまと一緒に考えた設計内容の実現具合を、現場に何度も足を運び細かくチェックしてくれます。

指定した通りの資材を使用しているか、壁が塗り壁であれば、

思い描いた通りの表情であるかなどの細かな点まで自らの目で確認してくれるのです。

家の耐久性は当然のことながら、しつらえの細かな表情に至るまでをお施主さまの希望に近づけるように監理してくれます。